So-net無料ブログ作成
検索選択

根性無し [カメラ・写真]

昨日、大阪に所用があり行ってきました。
で、帰りですね行きつけの中古カメラ店に寄ったのですが

お目当てはニコンの一眼レフ

かつて赤瀬川源平氏がフィルム党とデジタル党を宗教に例えたエッセイをカメラ雑誌に載せておられましたが、コレを政党風に考えてみると・・・

小西六党に千代田光学党が統合してコニカミノルタ党になって、解党後デジタル派のソニー党に吸収されました。ツアイスイズムを標榜する京セラコンタックス党も解党し、新たに新ツアイスイコンイズムを提唱するコシナ党が台頭してきました、しかも、精力的に二大政党の一角ニコン党に政策協力を持ちかけているなかなかの外交上手であります。

え~と、本気で書くと恐ろしく長くなりそうになるので一旦この話はおしまい。

(閑話休題)

で、何の話でしたっけ?

あ、そうそうニコンの一眼ね。
一応ミノルタ党員の生き残りの私ですが、
何分にももうメーカーがない状態ですので

αシステムの行く先はデジタルへ無し崩しに落ちて行く一本道・・・

でまあ、一応予備にニコンも導入しようとしたわけですよ。
フイルム衰退のおかげ・・・いやいやデジタル民主主義の攻勢でフィルムカメラも結構安くなりました。
で、中古でF5を買おうと思ったわけですよ。
ヒトケタで購入できますから。
ボディーだけはね。

そう、ボディだけです。

いかにハイスペックといってもレンズ無しでは何も出来ません。

やっぱなー今さらF値の暗いレンズはなあ・・・
ZFもいいしなあ・・・

ざっと中古レンズも眺めながらざっと計算・・・
うわー20万越えてくるぞっ! イニシャルコストがっ!

じゃあ本体をF4、価格も程よく安いし個人的にはいろいろ大変好ましい・・・
でも比較するとあまり割安感もなし。

F3・・・ゲっ10万超えてるやん!

いっそ17万(中古価格)だしてF6?
そりゃ行き過ぎ。

むふう・・・

同じ予算でハッセルのレンズを買うか、
それともα-9をもう一台買った方が得策かな?
20年以上かけてそろえた20mm~500mmのレンズ資産は大きいしなあ。

いっそ、趣味に走ってライカM3とか?二眼レフ??

てなこと考えてたら箕子の「象牙の箸」の故事が
頭をよぎりましたね。

というわけで、自分を納得させる口実が見つからず帰ってきました。
衝動買いするものではないので・・・

(再度熟考)

カメラシステムの宗派変えは予想以上に大変です。

(浮気禁物)

オーディオだったらメーカー違っても全く問題ないのにな・・・
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

mino

まいど!

>20年以上かけてそろえた20mm~500mmのレンズ資産は大きい

これは大きいですよね。
私も「今から宗旨替え」とも行かないのは、現在所有しているレンズ群が全部ニコンFマウントだからでして・・・

そういう意味では新旧でレンズの相乗りが出来るFマウントって面白いです。
私がF4を持っているのが、まさにこれが理由。
新旧のFマウントレンズをほぼ制限無しで使えるのがF4なのです。

F3は・・・稀代のロングセラー機で、タマ数も多いのですが・・・
そうですか、相場的には結構行ってるんですねぇ・・・
今はF2の方が安いのかな?
私もF2は持っていますが「黒じゃないとイヤ」と言うこだわりのせいで、結構な予算を必要としました(汗)
F2の黒ボディって、現役当時は「プロ用カスタムカラー」だったそうでして
タマ数が少ないんですよねぇ・・・購入当時、チタンモデルより高かった記憶が(汗)
by mino (2008-03-26 01:04) 

みーちゃん

多分使って楽しいのはF4でしょうね。
ダイヤルにレバーとアナログ感が良いですね。

しかし、あえて言い訳をするなら
「子供とネコはハイスペック」
これは外せませんね。

そう考えるとF6を投入しても費用対効果は悪く無い訳で、アンチデジタリアンとしては悩ましい所であります。

マウントを変えない

これが信頼でしょうねえ。

いやαマウントも健在ですよ、一応。似て非なる感じもしますが、まだ使えますから。フィルム機は20年経過しても機械式なら50年経っても動きますが、デジの場合、その実績が無いのと、日進月歩の機能向上で半年たったらもう時代おくれっすよ。プレミアなんて付きやしません。

プレミアが目的で購入する訳ではないんでしょうが、最近F3の価格がじわじわ上がってきてますね。
冗談抜きでF3もF6も同じような値段といっても言い過ぎではないのでは・・・。

デジになってから、センサー感度やセンサー精度、CPUがどうだ、画素数がどうだと数値だけの競争になってしまい、モノとしての感触、操作感は評価の対象にもなっていないんじゃないでしょうか?昔は「ベストオブ空シャッター」などと呼ばれるカメラもあったくらい、撮らなくてもいじってる感触だけで幸せに浸れるブツもあったそうですね。

デジだとフラッグシップといっても、1年経てばエントリーモデルの方が数字上のスペックは上だったりする事も起きるのではないでしょうか。いくら、つくりが丈夫だとかいっても購買には繋がらなくなってきて、永く作りつづけられる名機なんかでなくなるでしょうね。

うちの7700iもまだまだ健在ですよ。
カメラのような趣味性の強いものこそ長くこき使えるものを作ってものです。
by みーちゃん (2008-03-26 23:30) 

mino

>デジだとフラッグシップといっても、1年経てばエントリーモデルの方が数字上のスペックは上だったりする事も起きるのではないでしょうか。

実にその通りですね。
数値だけ見ると、すでにコンパクトサイズでも1000万画素級があたりまえになりつつあります。
まあ、実際は画素数よりCCD面積の大きさが重要なのですが・・・
その辺にあえて触れず、画素数を広告の前面に持って来てアピールするのは
どこのメーカーでも常套手段となっていますし・・・
実際、その数字はすでに数年前のフラッグシップモデルを越えている事も。

デジタルでもアナログでも、同じ「写真を撮る道具」なのですが、何か「道具」の意味合いが違うなぁ・・・と言う気もします。
一番ハッキリしている違いが、失敗作が手元に残る事かな(笑)

先だって、ライヴで共演したバンドの写真を撮影したのですが、やはりアナログの方が「撮った!」と言う手応えを感じるんですよねぇ・・・
(F4に50mm f=1.4 & 80~200mm f=2.8。フィルムはISO400と言う組み合わせ)

だけれども「ポケットに収まるサイズのコンパクトデジカメも欲しいかも」と思っている自分がいる訳でして(笑)
因果なものです(笑)
by mino (2008-03-27 01:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。